自粛警察になりかけた私が思う、なりやすい人の特徴とならない為の対策

心をのぞき見
Pocket

なさん、こんにちは!

いよいよ緊急事態宣言も延期されてしまいましたね~。

 

みなさんの疲れもピークに達してきているのではないでしょうか?
ちょっと心配です。。

 

コロナ離婚、コロナ疲れ、アフターコロナ・・・

最近ネットやツイッターでは、コロナ関連のトレンドワードが生まれていますよね。

そんな中でも私が今回気になったのが

「自粛警察」

というワード。

これ、どういう意味だか予想できますか?

 

そう、自粛生活をしていない人を見つけては

「この人、自粛してません!!」

と、警察などに通報したり、

自ら、自粛をしていない(ように見える)人やお店に向けて、何かしらの行動をする一般市民の方です。

 

こんな感じで、ツイッターで紹介している方も・・・

 

おぉ・・・す、すごい。

一般のどなたでも自粛警察になり得ると思うと、どこで誰に取り締まられるかわからないので、うかつに出歩いたり発言したりもできませんよね^^;

 

でも、どうして人々はこんな風に、突如変貌してしまうのでしょう?
自粛警察になってしまう人って、どんな人なのだろう?

 

なんてまじめに考えていたら、

実は自分も自粛警察になりかけていたんじゃないか・・・?

ということに気が付いたんです!

 

そう、

「自粛警察ありえない!」

と思っているそこのあなたも、気づかぬうちに誰か自粛していない人を見て

「あ、この人自粛してない!ピピー反則です!本物の警察に通報します」

なんて、心の中で思ってしまっているかもしれません。

 

そこで今回は、自粛警察になってしまう人の特徴と、ならない為の対処法についてお話ししていきます!

 

自粛警察予備軍かも!?というそこのあなたも、自粛警察うぜー!と思っているあなたも、ぜひ最後まで読んで、一緒に自粛警察について真剣に考えてみましょう!

 

この記事を最後まで読むと
・自粛警察になりやすい人の特徴がわかる
・自分は自粛警察にならなくなる
・自粛警察に対して理解が深まる
・イライラしなくなる

 

 

自粛警察になりやすい人の特徴

さて、ここからは私の勝手な意見と見解でお話ししていきますので、

「それは違う!!」

と目くじら立てず、

「そういう意見もあるのね」

位に優しく見守って頂けたら嬉しいです。笑

 

自粛警察関連のニュースや記事を読み漁り、なりやすい方の特徴について探ってみました。

私が考えるに、自粛警察になりやすい方は

 

・まじめ
・正義感が強い
・被害者意識が強い
・思い込みが激しい
・自分が正しいと思っている
・TVをよく見ている
・ストレス発散できていない

 

こんな感じの人物像が思い浮かびました。

どうでしょう?
あなたが思い描いていた人物像とマッチしているでしょうか。

 

まず第一に、凄くまじめなんだと思います。

まじめにニュースを見て、国の言う通りに行動し、

「それでもこんなに出かける人がいます!不要不急の外出は控えましょう」

と、報道されれば

「そうだ!みんな(自分含め)我慢してるのに、外に行くなんてとんでもない!」

と、報道に同調する。

 

まじめが故に、ニュースも毎日くまなくチェック。

「わ、今日も東京では〇〇人も感染してる!いつになったら減るのかな・・・」

と、どんどん不安になる。

 

不安や恐れ、家から出られない圧迫感などが重なりストレスがたまる。

でも、そのストレスをどうやって解消したらいいかわからない(もしくはストレスがたまっている事に気づいていない)。

 

そのストレスを、たまたま見つけた自粛していない(ように見える)お店や人に向けてしまい、自粛警察になる。

 

こんな流れを感じています。

 

しかし、自粛警察をされている方にそれを言っても、きっと否定されると思います。

「そうじゃない!私(俺)はみんなや国のためにやっているんだ!」

と。

 

しかし、脳は都合が良いので、自分がストレスを感じている本当の理由と、目の前に起きている事象と、うまくすり替えてしまうんですよね。

 

なのでやっている当の本人は、本当の理由については全く気が付かないことがほとんどだと思います。

 

自粛警察にならない為の対策

とは言え、これだけ自粛ムードが続くと、今はなっていない方でもいつでもなり得ると思いませんか?

緊急事態宣言が本当に今月末で終了したとしても、しばらくこのムードは続くと思います。

 

そうなると、まだまだ自粛警察も増えていく事が予想されます。(自分も含め)

 

ではどうしたら自分が自粛警察にならずにすむのか、具体的に見ていきましょう!

 

ニュースを見すぎない

これが一番大きいのではないでしょうか。

基本的にメディアは誇張していたり、不安をあおるようなことを私たちに訴えてきます。

普段はそんなに影響を受けない私でも、親などにつられてしばらくニュースを見ていると、つい、どんよりした気持ちになってしまったりします。

 

そうなのです、これで私もうっかり自粛警察になりかけました!

 

「湘南の海は今もこんなにたくさんのサーファーが・・・」

「パチンコ店は今でも営業されており・・・」

 

こんなニュースを永遠に見させられたら、よっぽど意識をしっかり持っておかないと、すぐに洗脳されてしまいます^^;

もちろん、ふらふらと遊びに行っている方を援護したくて言っているわけではないので、そこはご理解いただければと思います。

 

が、遊びに行っている人に向かって怒りを向けるべきは、テレビの前のあなた(あの時の私)ではないのですよね。

 

ニュースは必要最低限しか見ないと決める。
例えば、時間を決めておくと良いかもしれません。

過剰にあちこちのニュース番組をはしごして見始めたら、ほんと、、1日で自粛警察が出来上がると思います。笑

 

散歩に行く

外に出ることは本当に大事です。

フレッシュな空気を吸って、植物などの自然に触れればあなたの心は晴れやかになります。

 

3密さえ守れば、外に出てお散歩しても何も言われることはありません。

ご近所をぐるっと歩いて回るだけでも、気持ちが軽くなるのを実感して頂けるはず^^ぜひ試してみて下さいね!

 

仕事をしている身近な人に話しを聞く

先ほども書きましたが、自粛警察さんは思い込みが激しい方が多いのでは?と思っています。

 

外へ出ている方全員が遊びに出ているわけではなく、お仕事などでやむを得ず外出している方もたくさんいらっしゃいます。

 

私の周りでも、会社のパソコン設備が整っていないがために、週に1回は出勤している人や、そもそも出勤しないと仕事にならないという職種の人もいます。

 

そういう事情がある人も中にはたくさんいるんだ、ということをまずは理解すること。

その為に、どこかでお勤めしているお知り合いなどに話しを聞いてみましょう。

お知り合いだと、更に親近感がわき、

「みんながみんな、好きで外に出ているわけではないんだ」

という理解が自然と出来ると思います。

 

私の友達も、出来るなら行きたくないけど・・・

と言いながらも、子供を保育所に預けて、ひやひやしながら出勤している人もいます。

そう思うと、収入はないけど、家に堂々といられる自分は感謝しないといけないな、という気持ちにさえなることがあります。

 

医療関係者さん、スーパーの皆さんをはじめ、こういう中でも一生懸命働いてくれる方がいるから、私たちは大きな混乱もなく日常を過ごせるのですものね。

 

何か打ち込めるものを見つける

ニュースばかり見たり、SNSで誰かの粗探しをするということは、結局それだけ暇があるということですよね。笑

 

他人に向けているそのエネルギーが非常にもったいない!!

 

そのエネルギーをぜひ勉強など、プラスになることに変換したらいいのになぁって率直に思います。

 

これだけまとまった時間が取れるのって、もうかれこれ学生の夏休み以来だ!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そう、何かを始めるなら今がチャンスなんですよね。

しかも今回のことで、今までやってこなかったお教室も、ネットで授業ができるように整えてくれているところもある程、ネットでのお稽古はかなり充実してきています!

ということは、お家にいながらスキルアップが出来てしまうんです。

これはありがたい!

 

アフターコロナの私たちの生活について、和裁士が考えてみたという記事の中でも話していますが、コロナがひと段落したら、世の中はがらっと変わると思います。

 

その中で、自分だけがコロナが流行る前と同じでいたら・・・

絶対に取り残されてしまいますよね。

 

流行りに乗れ!ということではないのですが、やはり時代の流れについていけなくなると、普段の生活ですら生きづらくなると思うんです。

 

大きなことでなくても良いと思います。

 

例えば気になる本がある場合、

「じゃあせっかくだから、これを機に初めてネットで買ってみようかな」

みたいな、そういう小さなことからで良いと思うんです。

 

その小さな成功体験が積み重なって、自分の自信につながっていくんですよね。

 

堂々とお家にいられるこの時間を使って、自分のスキルアップに専念し、アフターコロナの新しい世界を、新しい自分で迎えるはいかがでしょう^^

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

自粛警察さんを見つけた、反自粛警察さんも、

「なんでそんなことするの?」

と、イラっとしてしまうかと思います。

 

しかし、そもそもどうして自粛警察になってしまうのかを知り、理解してあげることで、そのイライラもおさまるのではないでしょうか。

 

そしてもしもあなたの周りに、自粛警察さんもしくはその予備軍がいたら、

「ストレスたまるよね、わかる。」

と認めてあげ、その上で今日ご紹介したような対象法を教えて差し上げたらいかがでしょうか^^

 

または、この記事を読んで、

「わ!自分も予備軍だったかも・・・」

と気づかれた方、ぜひ何か夢中になれるものを見つけて、共にこの自粛生活を有意義な時間にしていきましょう^^

 

お互いを攻撃し合うのではなく、同調して、みんなでこの困難を乗り越えていきたいですね!

 

 

それでは最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

Pocket

コメント

タイトルとURLをコピーしました