【初心者さん向け】まずはこれだけ!!抑えておきたい着付けのルール5選

Pocket

こんにちはー!

ところで着付けのルールって、いくつくらいあるかご存知ですか?

って、聞いておきながら、私も正確な数はわかりません…σ^_^;

が、イメージとしては、細かい事も含めると沢山あるような印象ですよね!

 

「こんなに沢山、覚えられないよー!」

 

という、着付け初心者さんも多いかと思います。

 

と言うことで、今回は

 

「とりあえず、ここだけはおさえたい着付けのルール」

 

について、ご説明致します!

これを最後まで読んで頂ければ、自信を持って着物でお外へお出かけできますよ^ ^

 

 

知っておきたいルール

 

男女とも左が上前

 

 

洋服の場合、男性が左が上前、女性は右が上前ですよね。

が、お着物の場合、男女とも左が上前になります。

 

毎年夏になると、1人は反対に浴衣を着てしまっている方を見かけます。

右を上前にしてしまうと、死んだ人になってしまうので、とにかくこの衿合わせだけは一番の注意点です!!

 

 

帯の高さ

帯の高さで年齢が変わります。

写真で見て頂くとわかりやすいかと思いますが、雰囲気がかなり変わりますよね!

 

お若い方は高い位置で締め、お姉様は低く締めるのが一般的です。

もしくは、その日に着るお着物の雰囲気に合わせて高さを変え、

全体の雰囲気を演出するのもオシャレです*

 

裾の長さ

 

 

浴衣の場合は少々短めで、くるぶしが見えるくらい。

お着物の場合、着るお着物の種類やお草履の高さにもよります。

 

が、平均的に裾から約2㎝弱上がったあたりと思って頂いて大丈夫です。

裾が短すぎて、足袋から足が見えてしまわないように注意しましょう!

 

衣紋はこぶし1つ分抜く

 

 

“衣紋(えもん)を抜く”とは、衿の後ろ部分を下に引いて、空きを作る事です。

平均的なのは、拳1つ分と言われています。

 

衣紋が全く抜けていないと、男性のお着物姿のようになってしまいますし、

あまりオーバーに抜きすぎても、だらしなくなってしまいますので注意しましょう*

 

帯締め・帯揚げの結び方

 

結び方にも決まりがあります!

和服では、いつも”左”が位が高いので、必ず結ぶ時も左が上になる様に交差させて結びます。

 

合わせ方や結び方、どんなことでも、

「あれ?どっちだっけ?」

不安になったら、”左が上”と思ってもらえればok!!

詳しい帯締め帯揚げの結び方はこちらの動画をご参考下さい^^

 

番外編

共衿って必要なの?

 

 

共衿って、何のためにあるかご存知でしょうか?

 

昔、着物が普段着だった時には、この共衿を外して衿もとをこまめに洗っていました。

衿ってすぐに汚れますものね。

 

しかし、現在ではそこまで頻繁に着なくなった為、実はそこまで必要ではないんです。

 

「じゃあつけなくて良くない?」

 

と、思われるかもしれません。

が、実は共衿のない着物はあまり縁起が良くないとされています。

 

というのも、亡くなった方は共衿を外して洗う必要ありませんよね?

 

亡くなった方は共衿はいらない=共衿のない着物は死者の着物

 

という考えになったのだとか。

 

たまーにリサイクルの着物で、共衿のないお着物があったりします。

購入する際は、注意してチェックしてみてくださいね*

 

仕立てる時のルール

 

 

着物をお仕立てする際にもちょっとしたルールがあります。。

 

というのが、

「左右対称に縫い進める」

という事。

 

どういう事かというと、

例えば、右袖を縫ったら左袖もすぐに縫う。

“片方だけ付けて、片方は明日”というような縫い方をしてはいけないのです。

 

お着物は左右対称ですよね。

その、左右を同時進行で縫っていかないと、縁起が悪いのだとか…。

仕上がってしまえばわからないところにも、そんなジンクスがあったりします*

 

 

おわりに

 

 

いかがでしたでしょうか?

”これだけは”というものって、

意外と少ないと思った方も多いのではないでしょうか^^?

 

まずはどんどん着て頂いて、

細かなルールは徐々に知っていくのが一番覚えやすい流れだと思います!

 

あまり不安になりすぎず、チャレンジしてみてくださいね*

Pocket

他の記事も気になったあなたへ

1年に2回は海外へ足を運ぶ私が、これまで経験してきた数々の体験談を余すことなく公開しています! もちろん、日本文化やきものについての記事も たくさん書いています!きっとあなたのお役に立つ情報が見つかるはず* ぜひたくさん読んでいってくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です