【動画あり】お直しにも役立つ!袷着物の袖の縫い方

Pocket

袷袖を美しく仕上げる縫い方

 

こんにちは!

このページを見てくれているという事は、あなたは今、

・袖の縫い方に興味がある

もしくは

・自分で縫っていて、わからなくなった

というご状況でしょうか^^?

 

自分でお直ししようと思ってほどいてみたものの、戻せなくなってしまった!!

 

という経験をされたことのある方もいらっしゃるかもしれません*

 

ということで今回は、きれいに仕立てる袷のお袖の縫い方動画と写真でご説明します!

 

これを最後まで読んで頂ければ、美しいお袖が簡単に仕立てあがります!

また、ご自分で袖幅や袖丈のお直しの参考になる事間違いなしです^^

1:袖口を合わせる

表裏を中表に合わせ、袖口の印通りに待ち針を止めます。

袖口止まりの印の0.4㎝手前から手前までなみ縫いします。

運針の仕方はこちら

 

縫ったところを、表側に0.2㎝のきせをかけます。

 

表に返して、0.2㎝のふきを出し、一目落としまたは二目落としでしつけをかけます。

一目落とし・二目落としの縫い方はこちら

 

2:袖口の四つ止めをする

 

袖口止まりの印の位置で、表地の内側から針を出し、

そのまま写真のように裏地→外袖の裏地に針を通す。

 

外袖の表地で、袖口止まりの印から、そで下へ向かって一針分縦にすくいます。

 

初めに針を出した位置へ戻り、内側へ向かって針を刺します。

初めの糸(玉止めのある方)と、縫ってきた糸(針がついている方)できつく結び、

糸を1本だけ残して糸を切る。

 

糸はこの後も使うので、針に通したままにしておきます。

 

袖口下を縫う

 

袖口止まりの印から5㎝下まで、四つ止めをした糸の続きでなみ縫いします。

※裏地に袖口布をつけている場合、袖口布の長さ分、縫います。

 

裏地も同じ長さ分縫います。

裏は半返し縫いします。

 

表は、袖口止まりの印を起点に、自然に斜めになるように折ります。

 

裏は、縫ったところをきれいに割り、縫い終わりを起点に自然に斜めに折ります。

 

表裏の折った折り目同士が内側で重なるように合わせ、縫い目同士を待ち針でとめます。

縫ったところの2㎜上を大きめの半返し縫いします。

 

そのまま続きの糸で、表裏4枚一緒に、袖下までぐるっと縫います。

途中、合印のところで、表は表同士、裏は裏同士で縫い別けます。

 

縫ったら、袖口下は2㎜・袖下(たもと)は3㎜のきせを表側にかける。

 

合印から振りまでは写真のように、表は内袖側に、裏はその反対側にそれぞれきせをかける。

 

丸みを縫う

 

丸みの縫い目の上を2段、2本取りの糸でギャザー縫いする。

 

型をあて、縫ったギャザーの糸を引っ張りながらきれいな丸みに整える。

 

コテをあてる時は、まず丸みの外側から。

 

次に、縫い目よりも外側にシワが来ないように、コテでしわを伸ばす。

 

ギャザー縫いした糸を玉止めし、1本だけ残してその糸でギャザーを縫いとめる。

 

振りを縫う

 

袖下の縫い代同士を内側につまんで持つ。

 

つまんだところをはなさない様に、裏返す。

 

袖付け止まりの印を待ち針で合わせる。

そこから3㎝下がったところで、裏地を印より2㎜控え、表は印通りに合わせ、待ち針をうつ。

袖下の縫い代辺り、縫えるところまで印通りに縫い、針と糸は抜かず、一旦休ませる。

 

また表に一度返し、今度は反対側の振りも同様に裏返し、袖付けの印まで縫う。

 

縫ったら、表側に2㎜のきせをかける。

 

表に返し、裏地を2㎜控えてコテをあてる。

 

出来上がりです^^

 

動画で見てみよう!

 

写真だけでは伝わらないと思うので、動画もぜひ参考にしてみてくださいね*

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

わからないところがあれば、お気軽にお問合せくださいね*

ラインで問いあわせる

Pocket

他の記事も気になったあなたへ

1年に2回は海外へ足を運ぶ私が、これまで経験してきた数々の体験談を余すことなく公開しています! もちろん、日本文化やきものについての記事も たくさん書いています!きっとあなたのお役に立つ情報が見つかるはず* ぜひたくさん読んでいってくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です