帯合わせの悩みにサヨナラ!絶対にはずさない帯選びの基本、3つの法則とは

Pocket

帯合わせに迷った時の解決法!

 

「このお着物に、この帯で大丈夫かなぁ・・・」

 

久しぶりに着る際には余計に悩みますよね。

今回は、そんなお悩みを一気に解決する

「帯合わせで迷った時の合わせ方」

を、色目線と柄目線、それぞれの視点から3つずつご紹介していきます!

 

これを最後まで読んで頂ければ、帯選びに自信がなかった方も、

コーディネートの時間がとっても楽しくなりますよ^^

 

 

帯の種類

 

まずは、主な帯の種類についてお話ししていきます*

知ってるよー!という方も、復習を兼ねて一緒に見ていきましょう^ ^

 

袋帯

 

 

主に、訪問着や振袖などに合わせる、格の高い帯です。

結ぶと、お太鼓の部分が二重太鼓になる為、

“嬉しいことは2度あってもいい”

という意味で、お祝いの席に重宝されます。

 

 

名古屋帯

 

 

普段着に合わせる帯で、胴に巻き付ける部分は初めから半分に折られています。

 

半幅帯

 

 

名前の通り、袋帯などの半分の幅の帯です。

主に浴衣や綿、ウールなどカジュアルな着物に合わせます。

 

その他、お着物の種類や詳しい格についてはこちらをご覧ください^ ^

 

それでは早速、帯合わせのコツを、色視点からと柄視点から、それぞれ見ていきましょう*

 

 

色合わせの3つの法則

 

ここでは、色合わせで迷った時のコツをお話ししていきます^^

 

着物の柄から1色とる

 

最も無難で取り入れやすい方法です!

お着物の柄に使われている色の中から一色選べば、必ず全体がまとまります。

ですから、迷ったら”着物の中の一色”と思ってもらって大丈夫です^^

 

例えばこの組み合わせなら、お着物のお花の一色から色をチョイス*

 

この組み合わせも、お花の中のほんのわずかに使われている一色から選んで、コーディネートしています^^

 

 

同系色でまとめる

 

この組み合わせは、帯をあまり主張せず、全体的に優しい雰囲気にしたい方にお勧めです!

注意したいのは、ぼんやりしすぎないようにする事!

帯締め・帯揚げで少しアクセントカラーを入れて、全体のバランスを整えましょう^^

 

 

帯締めで調和をとる

 

一見合わないかも・・・?

と思える組み合わせでも、帯締め・帯揚げの合わせ方で、意外とあっちゃうんです!

 

若干帯の色味が浮いて見える・・・?

 

しかし、帯締め・帯揚げを足すことで全体的にまとまりました!

 

この時の帯締め・帯揚げの選び方は、

・色のトーンを着物、帯に揃える事

・着物、帯どちらにも合う色を選ぶ事

が大事!

 

個性的な組み合わせを楽しみたい方におススメです*

 

それでも迷ったら・・・白黒つける!

 

万能なのは、やはり白と黒の帯。

迷った時のために1本ずつ持っておくと便利です*

 

特に、色がたくさん使われているお着物には、白と黒の帯は合わせやすいかもしれません!

全体的にすっきりした印象に*

 

あと、意外と黄色の帯も合わせやすいです。

特に、大島や結城など、色が落ち着いた紬にからし系の色は抜群!

余裕があれば黄色の帯も持っておくと重宝します^^

 

 

柄合わせの3つの法則

先ほどは、色重視の帯合わせについてお話し致しました。

さて今回は、”柄視点からの帯合わせ”についてお話ししていきます!

 

お花畑にしない

 

和服に多いのはお花柄。

着物にもお花柄、帯にもお花柄・・・これは着物と帯がケンカしてしまう可能性大です!

 

例えば、「着物も帯も桜」という具合に、お花を揃える、またはその植物が咲く季節を揃えて頂ければOKです。

が、「お着物には秋の植物、帯には春の植物」というような、ちぐはぐな組み合わせには気を付けたいところです。

 

 

帯と着物に物語を持たせる

 

例えば、「お着物が梅柄で、帯にはウグイス」や、「トリコロールカラーの着物に船の帯」のような、

トータルコーディネートのテーマがひとつの繋がりになっていると、とってもオシャレ!

 

例えばこの組み合わせ。

マリンカラーに貝殻の帯を合わせて、海のイメージにまとめています!

そして同じお着物を使って、今度は・・・

 

街灯の帯を合わせて、夜の街明かりのイメージで合わせました!

合わせる帯で、印象が変わるのが、お着物の面白いところ。

 

見ている方も、隠れたテーマに気づいた時、楽しくなりますよね^^

ちょっとオシャレ上級者編かもしれませんが、ぜひ挑戦してみてくださいね*

 

因みに、こんなコーディネートの方法も・・・!

テーマは「サーカス」

帯はマリオネット柄、半衿にはピエロとサーカステントが刺繍されています*

だんだんと小物が揃ってくると、こんな組み合わせも楽しいですよ^^

 

 

柄の大きさを揃えない

 

お着物にも帯にも全体的に柄がある場合、それぞれの柄の大きさに注目しましょう!

 

例えば先ほども紹介した、こちらの組み合わせ。

着物も帯も柄が入っています。

が、思いのほか、ごちゃごちゃしないのは何故か・・・?

それは、”着物・帯それぞれの柄の大きさを揃えていないから”なんです。

 

大きな柄のお着物には、細かい柄の帯を

細かい柄のお着物には、大きな柄の帯を合わせると、全体のバランスがとりやすいです*

 

それでも迷ったら・・・無地!

 

そうです、迷ったら無地を合わせれば間違いありません!

それでもし、物足りないな・・・と思ったら、お手持ちのブローチなどを帯どめにしてみてはいかがでしょう?^^

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか?

一言でいうと、帯び合わせのコツ

「全体のバランス」

です。

色や柄で、どこかしらに関連性があれば、すっとんきょんな合わせにはならないはず!

深く考えすぎず、コーディネートを楽しんで下さいね^^

 

また、

「どれにもあてはまらない・・・」

「これとこれの組み合わせってどうかなぁ?」

など、直接のご質問も大歓迎です!

 

いつでもお気軽にご連絡ご相談くださいね^^

LINEで相談する 

Pocket

他の記事も気になったあなたへ

1年に2回は海外へ足を運ぶ私が、これまで経験してきた数々の体験談を余すことなく公開しています! もちろん、日本文化やきものについての記事も たくさん書いています!きっとあなたのお役に立つ情報が見つかるはず* ぜひたくさん読んでいってくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です