道具の正しい使い方、一挙公開!!【美しい着姿の為に】

きもの

着付け道具の正しい使い方、ご存知ですか?

 

こんにちはー!^^

ところであなたが着付けをする際、どんな道具を使っていますか?

そしてそれぞれの道具を正しく使えていますか?

 

実は、きれいに着付けをするには

着付け道具を正しく使う事が、きれいな着付けへの第一歩

なのです!

「そういわれてみれば、見よう見まねで使ってたかも・・・」

という方必見!

 

今回は、主な着付け道具の使い方と、きれいに着つけるポイントについてお話ししていきます*

この記事を参考に実践して頂ければ、

苦しくなく、きれいに着物を着つける事が出来ますので、ぜひ最後まで読んでくださいね^^

 

主な着付け道具と使い方

 

では早速、主な着付け道具と、それぞれの使い方について解説していきます!

 

腰ひも

 

着物を着るのに必要不可欠なのが、腰ひもです。

では、腰ひもの正しい締め方、というか、苦しくない締め方とはどういう方法でしょうか。

 

これは後姿です。

腰ひもを巻いて後ろで交差した後、ここで一度”ギュッ”と締めます。

 

よく、前で結ぶときに”ぎゅ~、ぎゅっぎゅっ!”

ってやってしまう方が多いのですが、それではお腹が苦しくなるだけで、

紐も緩んできてしまいます。

必ず、紐を交差したときに”ぎゅっ”と締めてくださいね*

 

因みに私は、ウエストの腰ひもには絹の腰ひもを使用しています。

こちらは私が普段使用している正絹の腰ひもです。

ぼろぼろですみません!

しなやかでありながらしっかり締まるので、絶対に緩ませたくないウエストの紐にはとても重宝しています^^

 

 

伊達締め

 

伊達締めにも、正絹のもの、ゴムのもの、ポリエステルのものなど、種類は様々です。

私がおススメするのは、写真のような博多織の正絹の伊達締めです。

私も色々と試しました。

が、締まりもよく、通気性も抜群な正絹の伊達締めがやっぱり一番!

 

まず、前から後ろにまわします。

 

そして、後ろで交差します。

 

上に出た方を折り下げて、伊達締めの幅になるように整えます。

 

前は、一度交差して、左右に振り分けて、端っこはからげてもいいですし、

 

結んで、巻いてきた伊達締めの中にしまい込んでも大丈夫です。

 

帯板

 

私はゴムがついているものを使用しています。

 

帯をまく前に、ゴムでウエストに巻き付けます。

後ろは、写真のように背中の高い位置にゴムを巻くようにしましょう!

そうすると、帯がきれいに巻けます^^

 

因みに写真のような一般的な帯板の場合、

 

写真のように、後から差し込むか、帯の

2週目を巻く際に入れ込みます*

 

 

クリップ

 

着付けの際、手が2本では足りない時に使うのが”着物クリップ”です。

 

主に、衿がずれるのをおさえたり、

 

おはしょりの始末の際に、クリップで止めたりします。

 

着付けクリップを使用する際は、何本使ったかを覚えておく事がポイント!

私は何度か、クリップを止めたまま家を出てしまったことがあります。(恥ずかしい)

最後に外し忘れないよう、お出かけ前にちゃんと外したかを必ずチェックしましょう^^

 

 

帯まくら

 

帯まくらは、帯を支える要ですよね!

美しく帯を結ぶには、帯まくらの正しい締め方がとっても重要です!

 

まず、枕を背中に当てて、紐を脇の位置まで持ってきます。

この位置で、一度”ギュッ”と締め、しっかりと背中にまくらを沿わせます。

 

そして、まくらの紐を体に沿って結びます。

その後、結び目を持って、”グッ”と、前に引っ張ります。

すると、まくらが更にしっかり背中につき、前の紐にはゆるみが出来ます。

 

それをそのまま、帯のなるべく奥底へと入れ込みます。

結び目を奥底へ沈める事により、紐に傾斜がかかり、背中にしっかりまくらが沿います。

そして肌に直接結び目が当たらないので苦しくないですし、最後に帯揚げをしまうスペースもできます!

なんと、このひと手間で一石三鳥ですね^^

 

 

三重仮ひも

 

振袖を着る際など、袋帯で飾り結びをする際によく使われます。

私は、袋帯以外にも、半幅帯などで変わり結びをする際にもよく使用しています^^

 

ここでは、文庫結びなどで、ひだを取り、ゴムに預ける基本的な方法をご紹介します!

 

まず、三重仮ひもを、ゴムが背中に来るように結びます。

1番目のひだを取る際は、3本重なっているゴムのうち、真ん中を持ってきます。

 

そして、真ん中のゴムにひだを預けたら、今度は一番下(背中に一番近いゴム)を引っ張ってきます。

 

そして、そこへ2番目のひだを預けます。

出来上がりが写真のように、クロスしている事がポイント!

こうする事により、ゴムがしっかりとひだを支えてくれます^^

 

因みに紐を前で結ぶ際は、脇で、帯まくらの紐にからげて前で結ぶようにしましょう!

そうすると、より、帯が支えられ、きれいな形をキープする事ができます*

 

帯締め・帯揚げの結び方

 

着付け”道具”の仲間に入るかはちょっと微妙なところですが、、

ここでは帯締め・帯揚げそれぞれの基本的な結び方を動画で解説していきます^^

 

帯揚げ

 

 

綸子や、絞り、ちりめんなどの帯揚げがあります。

ふっくらと、形を作りやすいのはちりめんの帯揚げかなぁと思います。

結ぶのに慣れない方は、まずちりめんの帯揚げで練習してみる事をおススメします^^

 

F2A919EB 0703 4CEA 87CB 6F819676788E

 

 

帯締め

 

写真のような平織りのものや、丸ぐけなどがあります。

結びやすいのは、丸ぐけかと思いますので、慣れるまでは丸ぐけの帯締めで練習してみましょう^^

 

3ED3309F 44E3 402C A4A0 5637AF0BF4DD

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

本当に少しのポイントで、着付けが苦しくなくなったり、きれいな仕上がりになったりします^^

着付け道具を正しく使って、一緒に着付け上手を目指しましょう!


コメント

  1. […] 詳しい結び方の解説は正しい着付け道具の結び方でご確認ください* […]

  2. […] 帯揚げの美しい結び方についてはこちら* […]

タイトルとURLをコピーしました