針供養とは?いつどうやって参加するの?裁縫する人必見!!

Pocket

針供養ってなに?

 

こんにちは!

突然ですが、あなたはご家庭で使っている”針”が折れた時、どのように処分してますか?

 

「危なくないように、きれいに包んで捨ててる」

 

という方が多いかもしれません。

 

実は、そういう、折れて使えなくなってしまった針たちを供養する日があるのです。

そう、それが”針供養”です*

 

 

どんなことをするの?

 

 

針供養ですから、今まで硬い布を縫ってくれていた針を労い、感謝をする祭事です。

具体的には、大きなお豆腐に折れてしまった針を刺してあげ、

手を合わせ、感謝を述べます。

そしてその後、針たちは「針塚」へと埋葬されます。

 

 

針供養用に、とても大きな豆腐が用意されます。

 

 

この様な針塚に埋葬されます。

隣には、きれいな梅の花が咲いていました^^

 

 

どこで・いつ開催されるの?

 

針供養は、12月8日または2月8日に神社やお寺さんで開催されます。

 

主な場所は

・和歌山県 淡嶋神社

・千葉県      成就寺

・東京都  浅草寺

・京都府  法輪寺

・京都府  護王神社

・福岡県  警固神社(けごじんじゃ)

 

また、東京都中野区にある織田専門学校でも、毎年12月8日に行われ、

一般の方も参加可能となっています*

 

 

感謝するという事

 

 

私は今年、浅草寺の針供養に行ってまいりました。

法要の後、ご住職さまからこんなお言葉を頂きました。

 

「ありがとう」を漢字にすると「有難う」です。

これは、”有る”ことが”難し(かたし)”、すなわち

”ある”という事が、どれだけ大変で難しい事か、という事です。

 

針一本、一本に感謝するように、

日々の生活すべての事がらに、感謝の気持ちを忘れずに過ごしたいですね^^

 

まとめ

 

いかがでしたか?

もしあなたがお裁縫をされるなら、ぜひ針供養に参加して

日ごろ頑張って縫ってくれている”針さん”にお礼を言ってあげてみてはいかがでしょう^^

Pocket

他の記事も気になったあなたへ

1年に2回は海外へ足を運ぶ私が、これまで経験してきた数々の体験談を余すことなく公開しています! もちろん、日本文化やきものについての記事も たくさん書いています!きっとあなたのお役に立つ情報が見つかるはず* ぜひたくさん読んでいってくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です